上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「設計事務所に依頼するとは、こういうことだった!」

MIL.さんのスペースをお借りして、そしてオーナーの朝岡さんにも登場いただいてのトークセッション。

おかげさまで、2名の参加をいただいて開催することができました。


早朝から、準備していただいた、薬膳弁当。朝岡さんの特製です。


先ずはお互い自己紹介の後、この「MIL.」のプロジェクトがどのようなきっかけでスタートして、どんなプロセスを経て、完成していったのか。朝岡さんと齋藤が当時のことを振り返りながら、途中で参加者からの質問もいただきながら、和気あいあいとした雰囲気の中進んでいきました。
朝岡さんからは、特製のハーブティーを出していただき、薬膳のお話しも交えて解説いただきました。


トークセッションの後は、お楽しみの薬膳弁当です。おこわの上に、いろいろなおかずが載せられて、
目でも楽しませてくれます。野菜だけではなく、サンマや、揚げ物、ウズラの目玉焼き、そしてグラタンも!


普段はあまり見かけない珍しいお野菜が使われていて、野菜ソムリエでもある朝岡さんの興味深い解説、そして、もちろん薬膳のお話しも聞かせていただきながら、美味しくいただきました。

齋藤正吉建築研究所では、今後も、このような、施主のお話しを、直接お聞きいただけるイベントを企画していきます。

ご興味のある方は、お問い合わせのページから、お願いいたします。
フライヤ表フライヤ裏


設計事務所に依頼するとは、こういうことだった!
施主と建築士が本音トークセッション vol.1 in 薬膳料理教室 MIL.

2016年10月2日(日)11:00〜14:30
先着限定8名様
参加料お一人1000円薬膳弁当付き!


昭和6年、東区代官町に建てられた太洋ビル。
その1階に薬膳の料理教室、『 MIL. 』が9月にオープンします。
同じく太洋ビルに設計事務所を構える、齋藤正吉建築研究所が
内装デザインをさせていただきました。
設計事務所に依頼してみて、どのようなことを話し合い、出来上がっていったのか、MIL.のオーナー朝岡さんと齋藤のトークセッション形式で、お伝えしていきます。
トークセッションの後は、朝岡さんの薬膳弁当をみなさんで頂きます。

☆開催場所
名古屋市東区代官町39-22 太洋ビル1F MIL.
名古屋市営地下鉄 新栄町駅より徒歩8分、高岳駅より徒歩8分、車道駅より徒歩10分
お車の方は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

☆申し込み方法
お申し込み期限:2016年9月26日(月)まで
ご予約時に、 下記をお知らせください。
①氏名
②住所
③電話番号
④参加人数
(お子さま連れの場合は予約時にご相談ください)

お申し込み後、齋藤正吉建築研究所より確認の為、
折り返しご連絡いたします。

□ ホームページから
「齋藤正吉建築研究所」
お問い合わせフォームより
必要事項をご記入ください
http://shokichi-archi.com

齋藤正吉建築研究所Facebookページ
メッセージに必要事項をご記入ください
https://www.facebook.com/shokichi.archi/
□ お電話の方
TEL : 052-930-6215
齋藤正吉建築研究所名古屋アトリエにつながります。
休日は齋藤に転送されます。
□ FAXの方
下記に必要事項をご記入の上、
FAX : 052-930-6217
齋藤正吉建築研究所 まで送信してください。

☆お弁当について
通常3000円相当の薬膳弁当とお茶を、特別に参加費1000円でご提供いたします。
アレルギーで食べられないものが有る方は、申し込み時にお伝えください 。


MIL.
「MIL.」がお伝えするのは「薬膳」という考え方。
それは自分の体質・体調・季節・環境にあった食事を通じて身体の不調を予防・改善していく食べ方の知恵。
野菜・果物、ハーブや生薬たちのメッセージに耳を傾け自然と共に暮らしていくことの心地よさを丁寧にお届けしていきます。
「毎月毎の薬膳の料理教室」、「男性限定の薬膳料理」、「女性力を育む薬膳料理教室」その他イベントなど随時開催しています。

朝岡せん
国際中医薬膳師 / 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ
家族が体調を崩した時に食材や食事から健康を調える重要性を痛感。
「やさしい、野菜と薬膳の食事 MIL.」として2008年より名古屋市内カフェにて薬膳ランチの提供や、パーティなどでのケータリング、「野菜と薬膳」をテーマにした講座ではのべ約1000名以上の受講生にその魅力を伝える。

齋藤正吉建築研究所
名古屋市東区(太洋ビル)と愛知県知多郡美浜町に拠点を設け、新築住宅、リフォーム、店舗設計、施設設計などをしています。

齋藤正吉
一級建築士
1963年生まれ。1987年京都工芸繊維大学工芸学部住環境学科卒業、(株)アーバンガウス研究所、(株)坂倉建築研究所勤務を経て、1998年齋藤正吉建築研究所設立。集合住宅維持管理機構専門委員、金城学院大学生活環境学部非常勤講師。
MIL.

金属仕上げの打合せでした。光明寺の現場に引き続いて、今回も金属仕上げがあります。



光明寺では、青銅の左官によるコテ仕上げでしたが、今回は鉄で塗装仕上げで、さらにエージングをして錆びた部分を作ります。

今日は、錆びさせる範囲など、イメージの確認を、オーナーさんに来ていただき、現場で打合せしました。

鉄仕上げの建具が出来上がります!


この春先から、準備を進めてきたホームページのリニューアルが、完成しました!

cover-001.jpg


やってきたことを紹介するページが、このサイトの特徴のひとつです。記事はまだまだ少ないですが、これから充実させていきます。

URLはhttp://shokichi-archi.com/です。

皆様との出会いのきっかけになることを願っております。

お時間あるときに是非ご覧下さい。

齋藤正吉建築研究所


光明寺の書院改修計画

床の間の正面の壁を金属壁で仕上げました。


最初は、まるでチョコレートのペーストのような材料をコテで塗っていきます。この時のコテさばきによって、様々な模様を作り出すことができます。


乾くと、マットな質感で、この段階では金属らしさを感じさせません。


充分に乾燥させて、表面を磨き上げると、青銅の鈍い輝きがでてきます。


今回、腕をふるっていただいたのは、オオタ左官の太田さん(白い服)です。

この仕事のお話を頂いた時から、この床の間の壁は太田さんにお願いしたいと、思っておりました。

実現したいま、彼の仕事ぶりに、感謝しております。

現場は、今月末の完成に向けて、まだまだ変化していきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。