今日は、オーディオのお話にお付き合い下さい。

ビブラートとは無縁のピアノは、ベルトドライブの最も苦手とするところです。この、Harbie Hancockのピアノソロアルバム「The Piano」は、Thorens TD295 mk4で初めて聞いた時には、音が揺れて聞けたものではありませんでした。もちろん、他の例えばサックスのコンボなどでは、全く違和感がないにもかかわらず、です。

おそらく、電気的な加工(例えばディレイとか)のない録音だったのだろうと思います。なので、長い音になると回転むらによって、音が揺れてしまうという現象が起きていたのです。

色々と調べて、例えばターンテーブルをしばらく回しっぱなしにした上でレコードをかけるとか、試してみましたが、あまり変わらずでした。ドライブベルトごの劣化を疑い、新品を取り寄せてみましたが、伸びている様子もなく、しばらくと比べてもほぼ一緒でした。

そして、ある情報を元に、ドライブベルトを湿らせたペーパータオルで掃除すると、結構黒くなって汚れ?が落ちました。すると、それからは不思議と気にならなくなったのです。最近では、時々、ベルトのお掃除をしてますので、安心して聴けます。

まだ、VictorのTT-81(ダイレクトドライブ)もあった昨年末に、再生してみるとさすがに音がふらつくことはありませんでしたが同じくVictorの弟機TT-61では微妙に揺れが気になりました。

それにしても、この「The Piano」は、なかなか厳しいレコードですね。
スポンサーサイト
今年の春先のこと、自転車のことでよく見ていたブログにオーディオのことが書かれていて、そこに紹介されていた真空管アンプのおとがとてもいいという下りに、もともと、好きな私は俄然興味を引かれてしまいました。

それ以来、この世界にはまってしまったわけです。Facebookで繋がっている方には、私のタイムラインで、時々写真を載せていたのでご存じの方も甥と思いますが、このブログでもオーディオのタグを作って、マニアというにはほど遠いレベルですが、少しずつ紹介していきたいと思います。


レコードプレーヤーは高校生の時ですから、今から30年前に当時アルバイトしていた。喫茶店のボスから格安で譲り受けた物です。奥にぼんやり移っているのが、今年の春先にヤフオクで落札した真空管アンプ。

最初に出てきた音は、今まで聞いたことないような暖かみのあるここちよい音でした。
第三回 市民サイクルパラダイスin日間賀島に参加してきました。



土日に仕事の多い私ですが、年に一度、この日だけは、プライベートのこの予定を優先させていただいております。

2007年から、ほぼ毎年参加しておりますが、今年は、初めて、3時間ノンストップで走りきりました。



イベント終了後、一緒に参加した、姪の旦那様とのツーショットです。

その後は、宿に移動して、お楽しみの宴会でした。







食べきれないほどの海の幸に囲まれて、至福のひと時でした。

日間賀島では、お約束の、茹でタコ。足をハサミで切り分けて、一本丸ごとかぶりつきました。

また、来年も参加したいと思います。
20131003001952b35.jpg


注文してから、およそ一週間。UKから届きました。もしかしたら、最後の二本が。

20131003002001643.jpg

コトの顛末は、先日の、タイヤ爆発(パンク防止シーラントを行き渡らせるために、少し高い空気圧で、タイヤを充填しようとしたら、ものすごい爆発音と共に、タイヤがリムから外れて、バルブが折れて、シーラントが部屋中に飛び散ってしまったのです。)に遡るのですが、まるいちに持ち込んだところ、このリムのホワイトバージョンが、廃盤になって入荷不可能といコトが判明したのです。

少し思いけど頑丈なモデルの白にするか、自分で他店の在庫を探すしか選択肢はありませんでした。

国内の通販サイトでは低下よりもはるかに高い価格設定なので、そこは、やめました。海外通販のサイトで、在庫ありを見つけて、カミさんに頼んで注文してもらいました。私、未だに、ネットの買い物が苦手なのです。

数日後に、出荷されたとのメールが届き、首を長くして待っていたところ、本日届いたというわけです。

先の国内の通販サイトも、かのウイッグルも、在庫なしの入荷待ちだったのです。

それにしても、便利な世の中ですね。UKのサイトなのに、日本語表示で操作出来て、価格も円表示、しかも、送料無料って。

ありがたや。

201310030019567a7.jpg

ン?二本買ってどうすんだって?一本は、予備です。マウンテンバイクの場合、とんでもない壊れ方をするコトがあると聞きましたので。




私が住んでいる、ここ美浜町で、日本実業団自転車競技連盟(長い・・・)主催の美浜クリテリウムが開催されました。

クリテリウムというのは、数キロの周回コースを走るロードレースの一種です。
今回のコースは日本福祉大学に近い田園地帯に設定されていました。

IMG_1100.jpg
スタート直後の様子です。プロツアーレースとあって、全国から強豪選手が参加していますので、見応え十分です。

外国人選手もいますね。

IMG_1104.jpg
最終のコーナーを回ってホームストレートに突進していく選手達。

集団が通過すると、カーボンホィール特有のゴーっていう音共に風が起きます。

生で見るレースは、いいですね。

IMG_1106.jpg
下りから第3コーナーを回って、最終のコーナーに突っ込んでくるメイン集団。

およそ5分くらいで、周回してきますので、めまぐるしいレース展開が、都度見て取れます。

IMG_1107.jpg
最終のコーナーをかける選手達。

こうしてみると、一時雑誌で見かけた、ラクダのコブは一人もいない感じでしたよ。


IMG_1109.jpg
ゴールスプリントの様子。

最後は、2人のスプリント勝負になりました。

下のカテゴリーに参加した選手や、チーム関係者をのぞけば、レース観戦者は少ないのが実情ですが、我が町で開催されるレースなので、見られて本当に良かったです。
昨年は、開催を知ったのが直前でしかも仕事の調整が付かず、見ることは叶いませんでしたが、来年はまた見に来ようと思います。
イスを持っていくことを忘れずに・・・。