FC2ブログ
IMG_8547.jpg
荒子の家を訪ねてきました。5年ぶりになります。庭の木々が繁り、竣工当時と比べて落ち着きを増した印象です。この家は外壁に、ベイス手作りタイルを使用しています。予算の関係もあり、全てタイル張りには出来ませんでしたが、吹き付け塗装の部分をタイル目地と色あわせをして全体の調和を図っています。この色あわせはなかなか難しいのですが、このときはとても上手くいって、目地ときわめて近い色が出せました。アンサンブルで言うと、チューニングがぴったり合ったとき(素人のバンドではこれがなかなか難しいですよね)のような気持ちよさがありました。銅板の屋根はすっかり落ち着いた色になり、バルコニーの手摺の木部も保護塗装がやれてきました。木部に関しては今回塗装改修を検討していただきます。

内部は5年の時間を感じさせないほどきれいに使われていました。2階にはシナベニヤを壁に張っているのですが、こちらは少し色が濃くなって、かえって落ち着いた感じになってきました。

施主のM野さんは盆栽がご趣味。玄関正面のニッチには、取りが落としていったタネが育って、それを盆栽に仕立てたというカエデが見事に紅葉していました。写真を取り忘れたのが残念です。
スポンサーサイト