FC2ブログ
人人家づくりカフェに参加してきました。

場所は、人人事務局で行われました。

実は今回が2回目の開催となるのですが、その前に、予行演習的に座談会を開いたこともありますので、それを入れれば事務局で行われるイベントとしては3回目と云うことになります。

3回続いてると、なんだか連続してやってる感が出てきますよね。

DSCh02048.jpeg
今日参加されたのは、3組のご夫婦でした。

住まいのこと、少し先のこととして考えておられる方、住宅展示場に行ってみんたんだけど自分たちの考えと少し違うと感じられた方など、それぞれの立ち位置はいろいろです。

今回の場所を提供して下さっている、事務局のY井さんは、もう30年以上も建築業界に携わっておられて、工務店や設計者、果てはハウスメーカーまで、裏事情も含めて、とても精通しているので、来場者のいろんな疑問に答えられるわけです。

名前を出せば、誰でも知っているような有名建築家から、ゼネコンや地元の建設会社、そして、私のような地場で活動している設計者まで、本当に幅広い人脈をお持ちの方です。

建築家に頼む事への不安もあると思うのですが、その不安は、建築家自身に聞くよりも、例えば、Y井さんのような人から聴いたほうが、より安心できると思います。

事務局で用意してくれた、美味しいケーキを戴きながら、くつろいだ雰囲気の中、いろいろなお話しができました。

DSCh02051.jpeg
来場者に、話題を投げかけて、いろいろお聞きになりたいことを引き出しながら、それに応えるという形で進めてきたのですが、最後に、僕の方から、建築家に対するイメージをお聞きしました。

どこに行けば会えるのか判らない、とか、建築家は自分の作品を作ろうとして自分たちの希望を聞いてくれないのではないかという不安がある、といったことが聞かれました。

そう言った話は、よく耳にすることではありますが、実際にお聞きして良かったと思いました。

リアリティをもってこちら側に伝わってきたからです。

そして、そう言ったイメージは、払拭しなければならないとも思いました。

これは、我々建築家サイドが反省しなければいけないことです。

まず情報発信が、十分でないということ。

そして、気軽に相談できる身近な存在でありたいと考えている建築家は大勢いると云うことも、うまく伝わっていません。

人人家づくりカフェは、本当に地道な活動ではありますが、少しでも我々の存在が、住まいづくりのお役に立てると云うことを、これからもお伝えしていきたいと思います。

なお、今日の模様は、人人の事務局ブログでも紹介されております。

そして、人人ネットのホームページこちらです。
















空気が気持ちいい、そんな住まいづくりを一緒にしてみませんか?
スポンサーサイト