FC2ブログ


春日井の家

玄関からそのまま通り土間に繋がっています。

心理的にも空調のためにも間仕切りは必要なのですが、ガラス戸で柔らかく仕切ってみました。

目線の高さのガラスは型板ガラスで視線をぼかしてます。

通り土間には、現在、熱帯魚の水槽が置かれています。時に物干し空間にもなります。

そして、この通り土間は、夏冬の気候の厳しい時期には、居間と外の間の緩衝空間の役目も果たしてくれます。


スポンサーサイト
春日井の家

通り庭は広間を囲むようにしてレイアウトされています。

今日は、その広間のご紹介です。



施主のTさんからの要望で、イス式のダイニングテーブルではなく、座卓をしつらえています。

座卓は、床に使ったスギ材を加工して製作しております。広間に違和感なく溶け込ませています。

なお、この座卓には、ガス式の鉄板焼き器が仕込まれています。そして、鉄板焼き器の使用に備えて、天井には、換気フードを仕込んであります。

当初は、堀コタツ式にしていたのですが、レイアウトが固定されてしまうのがよくないということになりまして、現在の姿となっています。


キッチンの前は、カウンターデスクを作り、子どもさんたちの勉強スペースとしています。デスクの下は、本の収納棚です。

もちろん、簡単な食事のスペースとしてもご利用いただけます。



床材は、当事務所でよく提案させて頂いている、徳島県のスギ材です。今回初めて、着色しました。もちろん施主のTさんからの要望によるものです。

着色することで、スギ材の赤身と白太の色の差が抑えられて、最初から統一感のある色合いになりました。

対して、壁は白いモイスをこちらから提案いたしました。柱や筋かいの色をどうするか、いろいろと検討を重ねて、最終的に白く着色することとなりました。

床の焦げ茶色と壁や柱の白がベースの色です。全体として、かなりスッキリした空間になりましたので、照明は、壁を照らすライン状の間接照明を提案しました。
春日井の家の竣工写真です

玄関を入ると、タイル張りの通り土間に続きます。




左手は、玄関収納です。ガラス戸の向こうが通り土間で、Lがたに続いてます。



通り土間は、広間を囲むようにレイアウトされています。縁側のような空間でもあります。
春日井の家

竣工写真です。


写真右手の歩道に面している部分は、駐車スペースです。一台分の屋根があり、これは建物と一体となっています。
建物自体は木造ですが、この駐車場の屋根部分には、補強の鉄骨が入っています。




通り土間の外は、タイル張りのテラスがあって、芝の張られた庭へと続いています。テラスの木製サッシは、両側に引き込まれて、全開にすることができます。