FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い起こせば、昨年のGWに、内田佐七邸で開催されていた「座してみるArt展」で林先生とお目に掛かる機会がありました。

その時のことは、こちらの記事を参照下さい。

林先生のお話をいろいろと伺う内に、先生のピアノ教室に通ったら、音楽が楽しくなるだろうなと思った私は、早速、愚息たちにピアノを習うことを提案したのです。

愚息Aは、考えるまもなく、拒否してきましたが、愚息Bは、ちょっと乗り気でしたので、すかさずレッスンに連れて行きました。

あれから一年、初めての発表会がありました。

D7A_3868-000.jpg
会場は、武豊町のゆめたろうプラザ、響きホール。なんと、スタンウェイのピアノが置かれていました。

1年目の生徒さんは、家族と連弾するのが、ここの教室のお約束になっていまして、

最初は、冗談だろうと高をくくっていたのですが、どうやら、冗談ではないということが判ってきて、覚悟を決めました。

遠い昔に、少しだけかじった程度なので、弾けるなどというとおこがましいのですが、

愚息Bと課題曲の「テキーラ」を一生懸命練習しました。

一般的には初級編のかなり簡単な曲ということになっていると思うのですが、私にはもう精一杯・・・。

D7A_3865-000.jpg
おまけに、リハーサルの時に、先生から、テキーラ!と叫ぶところは、なんか、こう、アクションを入れて、とリクエストが飛び出し・・・。

必死の形相で両手を挙げて「テキーラ!」と叫びましたよ。その後すぐに両手が鍵盤に戻ってくれるはずもなく、ちょっとトチッてしまいましたが、なんとか最後まで弾き終えることが出来ました。

ステージに上がるのは、学生時代に軽音楽部でバンドやっていたとき以来、何十年ぶりのことだったのですが、やはり、とても気持ちがいいものですね。最高でした。

そして、まさか、スタンウェイを弾く機会が来るなんて思いもしませんでした。

その後は、ほかの生徒さん達の素晴らしい演奏が続き、そして、林先生の素晴らしいソプラノを聴かせていただき、まさに音楽三昧な一日となりました。

林先生ありがとうございました。













スポンサーサイト
スタッフヤスイ企画のイベント「大人だって遊びたい! 思う存分紙コップを積む会」に家族で参加してきました。

場所は、ナゴヤドームにほど近い名古屋市立大学芸術工学部の学生食堂です。

DSC05172.jpg
紙コップを積むのにルールはありません。

各自思い思いの形に積み上げていきます。

ループ状に閉じた形もあれば、ウェーブを描いた閉じてない形も・・・。

中を空けたり、中までコップが詰まっていたり、とにかく自由です。

DSC05185.jpg
身長が届かなくなれば、イスに乗るのも良し。

途中からコップの上下、向きを変えても良し。

そして、積み上げたコップを崩すのが、クライマックスだったりします。

子ども達は、アッ、否、今回は大人が思う存分積む会でありました。

なので、大人が崩すわけですね。

まぁ、とにかく、自分で積み上げたコップを崩すという行為には快感を伴いますね。

ストレス発散にはもってこい?

DSC05176.jpg
直線状に並べておられたのは、スタッフヤスイの恩師である鈴木教授であります。

実際にやってみると判るのですが、直線状に積み上げるのが実は一番難しいのです。

DSC05156.jpg
ループ状に積み上げられたコップ、内側を除いてみると、こんなすごいことになっています。

コップが作る造形とは思えませんね。

DSC05200.jpg
この二体は、鈴木研究室の現役学生と、OGさんがそれぞれ積み上げた力作です。

白いコップが青い床に映えますね。



紙コップタワーに興味を持たれた皆様、やってみたいと思った方はお気軽にお問い合わせ下さい。

齋藤正吉建築研究所には、預かりものではありますが、紙コップ6000個が保管されております。

場所さえ確保すれば、いつでもできちゃいます!

お問い合わせはこちらまでどうぞ!










暮らしの見えるオープンハウスの記事はこちらからどうぞ


小学校へ通う我が愚息たち、3学期ももうすぐ終了。
子ども達にとっては、宿題のない天国のような春休みまであと少し。
この一年間に、書きためた絵を学校で綴じて持って帰ってきました。

IMG_0527.jpg
ちょっと気になる絵があったので、アップさせて下さい。
他にも気になる絵はあったのですが、とりあえずこれのみにて。













2011.08.17 花火大会
毎年恒例の内海の花火大会に行ってきました。

DSC02854.jpg
こぢんまりした大会なので、一つ一つの花火を噛みしめながら堪能できます。

DSC02857.jpg
クライマックスは、水中花火です。

うまく、水面で破裂すると、半円状に火花が広がって、かなり綺麗です。

僕が子どもの頃は、船を走らせて、火をつけた花火を海に投げ込んでいましたが、

現在では打ち上げ場から海に向かって打ち込んでいます。

DSC02858.jpg
コンデジでは、限界ありますが、何とかそれらしく撮れてます。これなんかは、割と綺麗に半円形に広がっていました。













2011.08.07 キャンプ
少し早めの夏休みを取って、友人家族と奈良の天川村でキャンプをしてきました。

DSC02815.jpg
やはり外で食べる食事は格別ですね。

魚介担当を任命された私は、先日試しにつくったアクアパッツァや、クラムチャウダーなどの準備をしてきました。

西宮から来た友人は、3軒のブーランジェリーで買ってきた、バゲット4種類を持参してくれました。

バゲットの食べ比べもなかなか堪能できました。

DSC02814.jpg
焚き火台を利用して、先ずは炭火で調理に使います。

手前の鍋は、豚バラを茹でて、油を落としています。これを後でさらに炙って食べたのですが、トロットロで最高でした。

DSC02817.jpg
夜も更けてくると、お約束の焚き火です。真夏とはいえ、標高800メートルにある天川村は夜ともなると肌寒いのでちょうどイイ感じでした。

火は魅せられますね。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。