FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玄関廻りをご紹介します。

この住宅は、実はこの玄関と階段の配置に最大の特徴があります。コンパクトな家の計画なので、吹き抜けを設けてそこに階段を、というプランニングは難しかったのですが、だからといって階段を北川に持っていく手法もあまりパッとしない感じでした。

そこへ、洗面台は脱衣室とは別にしてほしいという要望があり、階段室に洗面化粧台を設けて南からの光りを取り入れることを思いついたわけです。間取りの面では特等席に階段を持ってきたわけです。階段は玄関とつながるようにしました。玄関は決して広くないのですが階段とつながることで視覚的に奥行きが生まれて広く感じます。

DSCN0814.jpg
玄関を入ったところの写真です。右側が居間、左側は予備室です。玄関はほとんどが土間部分でそれぞれに式台を設けています。正面の扉は右が下足収納で、左は物置になっています。意外とたくさん収納できます。そして、上部が階段ですね。2階から下りてくる人と目が合う感じになります。階段の向こう側には洗面台があるのですが、そこにいる人は見えないようになっています。プライバシーを保ちつつ、広がりを感じるように配慮しています。

DSCN0792.jpg
予備室から、玄関を通して居間を見ています。壁はモイスの直貼りです。玄関の照明器具は照明デザイナーと一緒に考えたオリジナルです。モイスが、光を柔らかくしてくれます。ちょっと面白い影が出来ますね。この器具、簡単な構造で大工さんに作ってもらいました。玄関には式台を設けて、お年寄りにも優しいデザインとしています。元気な子ども達はヒョイと跳び越えていきます。階段を中心にしてループ状の導線になるのですが、これ、子ども達にとっては格好の遊び場になるらしく、追いかけっこをして遊んでいました。

DSCN0810.jpg
洗面コーナーから階段を見た写真です。玄関ドアの上部がわずかに見えますが、お判りになりますでしょうか?玄関の上はスノコにして、2階の窓から入った光が玄関にも降り注ぐように計画しています。また、洗面コーナーまで、時間帯によっては直射光がさします。陽がさんさんと降り注ぐ階段廻りは、冬場でも暖かな空間になります。

DSCN0799.jpg
2階から階段を見た写真です。このアングルで、玄関と2階スノコの関係が良くお判り頂けると思います。2階スノコは雨天時の物干し場として使われます。それから、階段は通常よりもかなりゆったりした角度にしてあり、小さなお子さんでも上がり降りが苦にならないように配慮しています。当然ですが大人にとっても楽なんですね。壁際には趣味で集めた本などが収納できるように、大きな本棚を造り付けています。限られた予算の中で、大工さんに作ってもらいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。