FC2ブログ
2010.01.30 映画「歪屋」
IMG_8852.jpg
新装なった西区役所にて、こけら落としの上映会に行ってきました。円頓寺商店街の「零屋」の店主、森零さんの監督作品「歪屋」。今日と明日の二日間、無料の上映会が開催されます。少し余裕を持って会場入りすると、那古野下町衆のI原さんがテーブルに座ってチラシを配布していました。僕は思わず、手伝いましょか、というと、じゃあ座って、となり、いきなりスタッフになってチラシ配り。そうこうしているうちにも次から次へと来場者が。会場に入りきらないほどの盛況ぶりでした。前日のテレビニュースで取り上げられたり、新聞でも取り上げられた効果でしょう。上映前には和太鼓や馬頭琴の演奏もあり、監督を交えた座談会から会場内に入ったのですが、最前列なら座れますよ、と案内されて、なんとかぶりつきの場所で見ることができました。床に直座りでしたけど。

IMG_8857.jpg
先ずは、関係者がそろって。座談会という名の舞台挨拶。左から二人目が監督の森零さん。右から3人目は円頓寺商店街振興組合理事長の高木麻里さん。彼女は「なごや下町商店街ムービー[新しい朝(課題)]」を企画しています。

IMG_8863.jpg
座談会の終盤、監督はイスから立ち舞台前面に来て、正座して、多くの来場者に向かい、お礼の言葉を述べておられました。

2年ほど前だったと思いますが、那古野下町衆のメンバーでもある彼から、円頓寺を舞台にした映画を作りたい、と聴いたときは少なからず驚きましたが、今日の上映会までこぎ着けたことは、本当に大変な事であると思うと同時に、彼の実行力はすばらしいと思います。

キャストは商店街の人たち、商店街に来ていたお客さん(零さんがスカウトしたとのこと)、テレビキャスター、そしてあの河村名古屋市長も。多彩な面々が繰り広げるめまぐるしいストーリー展開はちょっと複雑で解説書を読まないと理解するのがむつかしいのですが、僕は、知っている人が大勢でていたので、それだけでも楽しめました。見終わった後、解説書を読み直して、もう一度見ると解るようです。詳しくは「円頓寺活動写真」をご覧下さい。
スポンサーサイト