FC2ブログ
朝起きると、四国山脈は雪景色・・・。我が車も、雪が積もっています。これはどうしたものか、そそくさと帰った方がいいのだろうが、カミさんの実家では餅をつく準備をしているし、まぁきょうじゅうに替えればいいと思って、ゆっくりしたのが、結果的にはいけなかったのです。

津田の松原SAでお約束のうどんを食べて、先ずは淡路SAをめざします。その少し手前の電光掲示板に、名神の京都から先が雪で通行止めとの表示が・・・。

さて、困りました。どのルートを通ればいいのか?僕のしょぼいメモリーナビではかなり先の情報など伝わってくるはずもなく、とりあえず、淡路SAで情報板を確認。東名阪は表示範囲外。阪神高速は渋滞無しなので、とりあえず名阪国道をめざして走ることにしました。

すると、しょぼいナビが奈良市に迎えと案内しています。要は生駒山越えですね。でその後は、国道を走りなさいと・・・。三重の甲賀まで。どうせ、名阪国道は渋滞していることだし、これもありかなと、乗ってみることにしました。

その甲賀の手前で、辺りは雪景色。こちらは、冷や汗。念のために積んできたイェティ・スノーネットをみやげもの屋の駐車場で装着しました。その先の峠道では何台もの車が立ち往生していましたが、幸いにも脇に寄っていたため渋滞は発生せず。

名阪国道に合流する手前で、いよいよ渋滞が激しくなってきたので、ナビにある名阪国道の側道へ行ってみることにしました。そしたらいました、2tクラスのローリーが坂から滑り落ちて擁壁に激突、道をふさいでいます。その手前で反対側にわたるトンネルがあったため、助かりましたが、もとの道へ戻ってみると激しい渋滞で、ピクリとも動きません。参りました。ここでもまた、ナビを便りに回り道へ行ってみることにしました。すると、名阪国道のインター手前で多重衝突事故を起こしていました。あのまま、何も考えずに待ち続けていたら、止まったまま年を越していたかも。

数日前に雪の中に300台立ち往生なんて云うニュースがありましたが、それになっていたかもしれない、そんな状況でした。

その後は、暫く渋滞が続きましたが、道に行きもなくなんと21時くらいには我が家に戻ってきました。ふーっ。

ちなみに、経験上ですが、名古屋近辺では雪が降ったその当日であれば、家までのきつい坂がないルートを知っているという前提ですが、チェーンが無くてもなんとか家までたどり着けます。夜、一旦溶けてシャーベット状になった雪が凍り付いてしまったらもうだめですけど。














愛知県・名古屋で建築家を見つけるなら・・・
スポンサーサイト