上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_1301.jpg

先日、ホームシアターのライフスタイルさんのショールームに、羽黒の家のIさんご夫妻と見学に行った際のこと、ライススタイルの大塚さんから興味深いお話を聞きました。

最近の液晶テレビはどんどん薄くなって、デザインもスッキリして格好いいんだけど、その反面、音はあまり良くないんだと。

実は、私、自宅のテレビの音が最近ずっと気になっていたところだったのです。住まいの中には実に様々な音が存在しています。テレビを見ている横では炊事がされていて、蛇口から出る水の音、レンジフードの換気扇の音。暖房器具(エアコンやファンヒーターなど)の音。それらの音にテレビの音がかき消されてしまって、よく聞こえないことがしばしばありました。

そんな時には、皆さんがお考えのようにテレビのボリュームを上げていきます。ところが、上げても上げても聞きにくさは変わりません。ブツブツ小言を言う毎日でした。

私は、昔バンドをやっていたので、練習スタジオの大音響とか、音楽を聴くときも車の中では結構な音量でかけていたりしますので、自身が難聴気味になっているのかとも思ったりしていました。

そんなところへ、大塚さんの目から鱗が落ちる様なお話し。そして、帰宅して確かめてみると、スピーカーは薄い液晶パネルの全面には顔を出しておらず、ちっちゃいのが下を向いて取り付けられている様子でした。

なるほど、これでは聞き取りにくいはずです。いろいろと調べてみると、テレビ用のスピーカーがこれまたいろいろ、この場合ホームシアターレベルのは除いておりますが、あることがわかりました。事務所で聞いているボーズのサウンドリンクBlootoothモバイルスピーカーIIがとても良い音で鳴るので、同じボーズのスピーカーとも考えたのですが、ネット上の評価が良かったフォステクスのPM0.3に決めました。元々はパソコン用の外部スピーカーとして開発されたようなのですが、癖のない特性が、テレビ向きという意見でした。

IMG_1299.jpg


本日届いたので、早速テレビにセットしたところ、今までは廻りの音にかき消されていたテレビの音がちゃんとまっすぐ耳まで届くようになりました。音が良くなったかどうかはもう少し検証してみないと何とも云えませんが、下向きのスピーカーよりは聞きやすくなったので、所期の目的は達成でたわけです。

これからは、住まいの設計の際に、大型液晶パネルを導入される場合は、音響システムの導入を提案していこうと、実感した次第です。













スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。