上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽黒の家

プレカット工場にて、柱や梁などの構造材の材料検査をしてきました。


20131008204632621.jpg
この工場では、広大なストックヤードに、沢山の材木が積み上げられています。
これは、米マツの梁材のヤード。

20131008204736e57.jpg
羽黒の家では、通り土間になりが見えてきます。二つを比較していただいて、左の材料に決めていただきました。

20131008204628b52.jpg
家の中で見えてくる柱に付いて、上小節や、全く節の無い無地といった高級材ではなく、節のある特一等材の中から、節の少ないモノを選ぶように計画しまさした。コスト節約のためです。

この柱の山から選んでいきます。

20131008204630f21.jpg
先ずは、私の方で、比較的綺麗なものと、節が多過ぎるもの、その中間のものといったように、ランクわけをしていきます。

その後、平面図で、見え方を確認しながら、一本一本、柱の配置を決めていきます。

201310082046266e0.jpg
柱には、決められた位置を示す符号が印されます。我々はこの一連の作業を、番付と読んでいます。


201310082058523f5.jpg
選定し終えた柱材です。

今回は、和室以外にも、見えてくる柱が多いため、時間が掛かりましたが、なんとか午前中に終了しました。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinariaa.blog91.fc2.com/tb.php/565-c0527b81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。