FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春日井の家

通り庭は広間を囲むようにしてレイアウトされています。

今日は、その広間のご紹介です。



施主のTさんからの要望で、イス式のダイニングテーブルではなく、座卓をしつらえています。

座卓は、床に使ったスギ材を加工して製作しております。広間に違和感なく溶け込ませています。

なお、この座卓には、ガス式の鉄板焼き器が仕込まれています。そして、鉄板焼き器の使用に備えて、天井には、換気フードを仕込んであります。

当初は、堀コタツ式にしていたのですが、レイアウトが固定されてしまうのがよくないということになりまして、現在の姿となっています。


キッチンの前は、カウンターデスクを作り、子どもさんたちの勉強スペースとしています。デスクの下は、本の収納棚です。

もちろん、簡単な食事のスペースとしてもご利用いただけます。



床材は、当事務所でよく提案させて頂いている、徳島県のスギ材です。今回初めて、着色しました。もちろん施主のTさんからの要望によるものです。

着色することで、スギ材の赤身と白太の色の差が抑えられて、最初から統一感のある色合いになりました。

対して、壁は白いモイスをこちらから提案いたしました。柱や筋かいの色をどうするか、いろいろと検討を重ねて、最終的に白く着色することとなりました。

床の焦げ茶色と壁や柱の白がベースの色です。全体として、かなりスッキリした空間になりましたので、照明は、壁を照らすライン状の間接照明を提案しました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinariaa.blog91.fc2.com/tb.php/588-005ec281
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。