上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.01.26 光壁



光明寺 書院の間の改修

純和風の空間から、椅子座式のある意味洋の空間、ゲストルームへのへのリノベーションです。

東面と北面は既存の壁と隙間を取って光壁としています。特殊な和紙を貼った障子は、縦桟の割り付けが一見ランダムに見えますが、ある法則で割り付けられていて全ての障子は幅60センチで作られています。

この光壁、夕方から夜にかけては、部屋全体を柔らかく照らす灯りとなってくれます。

なぜ、窓を潰してまで、光壁を作ったのか?ご興味のある方は、是非、当事務所までお問い合わせください。
直接お目にかかってお話しさせていただきます。


齋藤正吉建築研究所のウェブサイトも是非ご覧ください。
ウェブサイトはこちらです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinariaa.blog91.fc2.com/tb.php/621-7c393f1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。