上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武豊の家

モイスを本格的に使った最初の住宅です。基本的には、内装の壁と天井は全て吸放湿性に優れるモイスを貼って素地のまま仕上げています。

モイスは、まるでベニヤ板のように使えるので、窓の周りも、木額縁を廻すのではなくて、モイスをそのまま伸ばして、カーテンボックスにしてます。壁の内側にカーテンレールなどが出ないので、スッキリします。

テレビのバック壁は、引き戸のドアポケットと間接照明ボックスを兼ねています。

また、構造用の面材としての性能もかね備えるモイスを外壁に貼って、耐震性を高めています。


齋藤正吉建築研究所のウェブサイトも是非ご覧ください。
ウェブサイトはこちらです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinariaa.blog91.fc2.com/tb.php/628-9abccc18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。