上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


岐阜の家

敷地が東西に長く南北に短いという短所を逆手にとって、通り土間という名の内庭を提案しました。

南側の道路まで建物を目一杯レイアウトしたうえで、南面の外壁には、道路からの視線、構造強度、風通しなど、様々な条件から、最大限の開口部を確保しています。

この通り土間を介して、夏場はお部屋への直射日光を遮り、冬場はリビングの奥まで陽が届くように計画しています。

このスペースは、子供たちにとっての、安全な遊び場であり、雨の日の物干し場であり、2階の手すりは布団干し場になります。

不意の来客にも対応すべく、階段手前の梁には目隠し用のロールスクリーンを用意しました。

また、階段に行くためには、ヒョイと飛び移らなければなりませんが、外の感じを出すために、敢えて、板の床をつなることは提案しませんでした。


齋藤正吉建築研究所のウェブサイトも是非ご覧ください。
ウェブサイトはこちらです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinariaa.blog91.fc2.com/tb.php/636-ed4b4651
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。